本日 239 人 - 昨日 420 人 - 累計 1010103 人
RSS

今週は!

2014年02月27日
いよいよ、卒団式です・・・


さ~~~て、今週は~~~


『土曜日』

■通常練習

■西尾張トレセン選考会


『日曜日』

■卒団式
対象:4年生以上

■お別れボーリング


町の卒団式に続き、チームのお別れ会となります。ただ、お別れ試合はまだあるので活動は続きますよ。

先週の親子サッカーの時に今年で卒団する選手が当時1年生だった時の集合写真を親御さんが持ってこられ・・・そこには6年前の僕も写っていました。いやぁ~若い(笑)茶髪だし・・・厳重に封印しなければいけません。あの子たちが卒団ですからね、時の過ぎる早さに戸惑うばかりです。

週末のことなど。

2014年02月25日
盛りだくさんだった週末のことなど。


■チャレンジリーグ

5年生に”チャレンジ”してもらうために参加しましたが、全員が”チャレンジ”できたかというと・・・もちろん頑張っている選手もいましたが、どうも「強さ」が伝わってきませんでした。 それは試合以外でもそうで、アップを”やらされてる”という感じが随所に出ていましたので、やり直しをさせたくらいです。

繰り返しになりますが、貴重な試合をチャンスとして提供しました。今後は学年に関係なくやっていきます。これからが本当のスタートです。


■西尾張トレセン

新6年生2名。新5年生5名に参加してもらいました。新5年生で1名が最終へ。それほど難しいという事です。もちろん選ばれてほしくて参加してもらいましたが、同じ地区にどれくらいのレベルの選手がいるのか肌で感じてほしいという意味もあります。参加した選手は何を感じたでしょうか。


■親子サッカー

延期になっていましたが、やっと開催に。比較的暖かい日となり、楽しい時間となりました。と、いっても僕は海部地区新人大会の主審の為、ほとんど参加できませんでしたが・・・年に1度は開催したいと思いますので、次回も是非参加してほしいと思います。


■海部地区新人大会

先ほども少し書きかましたが主審として準決勝に参加してきました。主審をした試合、両チームとも、とても、いいチームでした。こういう試合は、あっという間に時間が過ぎます。試合は延長までいきましたが、時間が速く感じた試合でした。

また、この試合で組んだ副審の一人は中学1年生!歳の差30歳です(笑)とてもしっかりした副審で安心して主審に専念できました。選手もですが審判でも地域から国際審判など出るとうれしいなと。


■海部トレセン

今年度最後のトレーニングはU-13海部トレセンとのTM。フィジカル・スピードではかないませんが、ひとつ上の選手に果敢にチャレンジしてくれました。得点も生まれ、いい終わり方だっと思います。

2年間、6年生のメインコーチとして参加してきましたが、大変ながらも僕自身、非常に勉強になりました。月に1回のトレーニングでどれだけ彼らのサッカー生活に関われたかわかりませんが、頭の片隅にでも僕の言ったことが残っているといいのですが。

今週は!

2014年02月19日
ちょっと早いですが、週末の予定です。


さ~~~て、今週は~~~


『土曜日』

■通常練習

■チャレンジリーグ(永・近)
対象:5年生
場所:西小
時間:午前中

■西尾張トレセン


『日曜日』

■親子サッカー
場所:西小
時間:午前中

■海部トレセン(永)
場所:津島東公園
時間:午後


延期になっていた、親子サッカーをやっと開催できます。寒い時期ですが怪我のないように、保護者の方も熱いプレーを期待しています!

◼︎新年度体験

30人弱という大人数となりましたが、小⚪️・近⚪️コーチの楽しいメニューで無事に終わりました。(6年生、お手伝いご苦労様)どの子も積極的で寒さなど関係なく、ボールを蹴っていました。この姿がサッカー少年・少女だなと。

保護者の方に簡単でしたが、最初から少し厳しい説明をしました。選手・スタッフ・保護者の皆様がチーム方針を理解し、協力して頂くことで円滑なチーム運営ができますので。さて、何人の子と4月から一緒にサッカーができるか楽しみです。


◼︎チャレンジリーグ

結果もチームとしての戦いも気にしません。只々、自分自身が戦えるか。その一点だけを見ていました。そういう意味では、まったく伝わってきませんでした。さみしい限りです。

トップチームは実力です。学年を優先はしません。5年生だけの試合は、あと2試合しかありませんよ。


◼︎コーチ会

土曜日の夜、開催しました。話し合ったといっても、僕から現状と今後を話したことに、ほとんどの時間を使いましたが(笑)

・リーグ戦について
・担当について
・チーム方針の再確認
・グラウンドの使用について

などなど。

スタッフの思いは一緒だと思っています。年に数回ですが、このような場を持つことでベクトル合わせは必要です。

決まったことはすべて、来月の説明会にてお話します。

今週は!

2014年02月13日
またまた週末の天気が・・・


さ~~~~て、今週は~~~~


『土曜日』

■TM(鈴・近)
対象:6年生
時間:午前中
場所:西小
相手:七宝SS

■通常練習
※全学年11時に終了です。

■新年度体験(小)


『日曜日』

■通常練習

■チャレンジリーグ(永・川)
対象:5年生
場所:西小
時間:午前中
相手:大治南・美和AFC

■新年度体験(小)
※前日中止の場合


先週に続き今週も天気が不安定です。週末のみしか活動がありませんから、なんとか日曜日だけでもやれればいいのですが・・・この時期は気温も低く、インフルエンザもあるので無理はしません。
また、降っていなくてもグランド状態によっては中止としますので必ず掲示板をチェックしてください。

進路

2014年02月10日
徐々に6年生の次のステージへの進路が決まってきました。大きくはクラブチームか部活か。他チームの選手でクラブチームへ進む選手はよく聞いていましたが、大治でも数年前から少しずつですが、
クラブチームへ行く選手が出てきました。
(僕の坊主もクラブチームですので、それなりに状況はわかっているつもりです。)

さて、親御さんや選手から聞かれます。「クラブチームに行った方がサッカーが上手になりますか?」と。「どこに行っても本人次第です。」と答えます。当たり前です。
僕は中学の部活とクラブチームでは大きなところでの目的が違うと思っています。スポーツか教育(体育)かです。目的(ゴール)が違うので方法(アプローチ)が違うのは当然です。仕事でも団の運営でも、目的から逆算して計画を立て、実行する。それと同じです。

以前は中学とクラブチームが同じ大会に多々出ていましたが、年々区別化されてきています。登録する連盟自体が違いますので、大会が違ってきます。置かれいる環境もまた違うということです。
(良いとか悪いという事ではありません。そもそも、これが良いのか悪いのかの判断を僕はできませんし。個々の協会や連盟の方が選手にとって良いと思うことをやっている。その環境でプレーするしかないということです。)

部活かクラブチームか。クラブチームなら実力以上のところで頑張るのか、実力に合ったところでプレーするのか。クラブチームはお金がかかります。活動も県内に渡ります。ですから、親御さんの理解・協力が必要です。これはここ数年、身に染みて感じています(笑)

選手には、自分が今後どうなりたいのかをよく考えてほしいと思います。数年後の理想とする姿から逆算して今の決断をしてほしい。
クラブチーム・クラブチームの名前という”ブランド”で進路を決めてほしくないと思います。

結局は自分自身の努力ですから。

今週は!

2014年02月06日
インフルエンザさらに寒波と体調を維持するのが難しい時期です。
手洗い、うがいなどやるべきことをしっかりやりましょう~


さ~~~~て、今週は~~~~


『土曜日』

■通常練習

■本部役員会(永・近)


『日曜日』

■通常練習

■新入団体験(小)


日曜日は新入団体験です。例年より少なめの十数名。楽しんでくれればいいのですが、例年ひとり、ふたりはお母さんのところを離れない子も(笑)どんな子がいるかとても楽しみです。

週末のことなど。

2014年02月03日
週末のことなど。


■6年生TM

大治中とのTM。一番はOBの姿を見れた事がうれしく、楽しく。体の小さな相手にやりにくかったと思います。顧問の先生とも少しですが話ができ、OBの近況も聞けました。今後もできれば恒例にしたいと考えています。


■選手の成長

中学の試合で、ある選手が真ん中でプレーしていました。もちろん僕の教え子です。小学校時代はレギュラーではありませんでしたが、絶対にサッカーを続けてほしい選手のひとりでした。小学校の時からフィジカル、スピードではどうしても負けてしまっていました。それは中学でも・・・しかし、トレーニングに対する気持ちであり、何よりサッカーの頭の良さがありました。同じことを顧問の先生からも。同じ観点で見ていてくれたこと。そして、そこを認めてくれていることが非常にうれしかったです。

年代が下がれば下がるほど、フィジカルとスピードでやれます。でも、その選手の年齢が上がるごとに2mになるわけでも(まぁ、一部いるかもしれませんが・・・)50mを5秒で走れるようになるわけではありません。どこかで頭打ちになります。その時、物を言うのは基本的なスキルであり、サッカーの頭の良さだと僕は思っています。

体が大きく、強くなることでびっくりするくらいプレースタイルが変わり、上手になる選手がいます。それが中学なのか高校になるかわかりません。でも、トレーニングを真剣にやり、サッカーに対しまじめに接する選手はいつか、どこかで花開くと思います。だから続けることが大切です。


■感想文

新人大会のA・Bチームの選手に感想文を書いてもらっています。自分のプレーを振り返ってほしいこと。率直な思いを聞きたいこと。そんな僕の思いからです。もちろん、返事を書くのですが、選手は僕ひとりに書きますが、僕は30人を相手にしますので、それはそれは時間がかかります。少しでも僕の思いが伝わればと・・・

選手に言ったことは、汚い字でも間違っていたも良いけど、きれいに書こうと努力すること。人に読んでもらう文章だと思って書くこと。これも試合や練習で言っている事と同じです。みんながサッカーが上手なわけではありません。でも、全力でやることはできます。この感想文もそうです。どうしてキレイに書けない子がいあると思います。でも、キレイに書こうという気持ちは文章を見ればわかります。これも努力できる選手か。言われたことをやろうとする素直な気持ちがあるか。そんな事がわかります。


■進路

徐々に6年生の進路が決まってきました。クラブチームでやる選手。部活でやる選手。迷ってる選手がいたら、相談してくださいね。