本日 225 人 - 昨日 420 人 - 累計 1010089 人
RSS

無事に卒団

2021年03月29日
無事に週末の活動ができ、6年生は卒団となりました。

土曜日はどうしても参加できなかったので日曜日はどしゃぶりでもやる気満々でした。これは6年生の為というより僕自身の気持ちを納得させるためです。
途中、少し降られましたがそんなことは関係なく、みんな楽しそうにプレーしていました。たくさんの声と笑顔がありました。なんだかとても幸せな気分でぼんやりみんなを見ていました。これだけで今年の苦労やこの日を迎えるまでの苦労が報われました。

試合で勝つことは大切です。それを目指すことも必要かもしれません。でも、やっぱり僕は楽しく笑顔でプレーする姿を見たいです。これがチームのスタイルです。

楽しかったのは選手だけではありません。スタッフも楽しみました。めちゃくちゃ張り切ってやりました。まだまだ走れる50歳です(笑)OBも楽しくやっていました。こうやって書いていても、うるうるしてしまいます。最近は簡単に涙腺が・・・

誤解を恐れず言えば、このチームで一番動き、苦労しているのは僕です。だから報われた時の感動が一番大きいのも僕です。
サッカーも同じです。努力が大きければ結果が出た時の喜びも大きくなります。だから努力できるのです。だから厳しい事を乗り越えることができるのです。

試合後にOB、コーチからみんなに話をしました。
(中学のキャプテンは本当にしっかり話してくれました。素晴らしい!)
その周りを5年生とOBがグランド整備をしていました。当時グランド整備をさぼって僕に叱られた選手もちゃんとやってました(笑)

最後は気の利いた言葉でしっかり締めたかったのですが話しているうちにたくさんの事を思い出し、言葉に詰まり・・・もうかっこ悪い・・・
話したことの一部でも少しでもみんなに伝わっていればうれしいです。

本当に大変な1年間でした。忘れられない年になりました。でも人の温かさや感謝の気持ちを再確認できた貴重な年でもあります。つくづく自分一人では。自分のチームだけでは活動できないと感じることができました。

まだまだみんなとサッカーとの関りは始まったばかりです。これからです。この年の事を忘れずにサッカーと関わってください。そしてたまにはグランドに顔を見せに来てください。

最後に。
役員の皆様。初めてのことばかりで大変だったと思いますが子供たちの為に動いて頂き本当にありがとうございました。
9BF814BF-1A74-4B81-8A77-19933EC8F914
卒団記念品です。大切に使わせていただきます
5D63BEAB-B192-4408-AEC6-A08A11F5FA76
DF1C7788-2284-4FE2-AA28-E8D1F9461D99

今週の予定

2021年03月26日
いよいよ、6年生最後の活動です。

■土曜日
トレーニング&お楽しみ会

■日曜日
1〜4年生は8時からトレーニング。
5、6年生は9時30分からトレーニング。

僕は土曜日の活動に参加できません。何とか日曜日に6年生と活動したい思いですが天気が、、、
最後です。小雨くらいならやりますよ!

週末のことなど。

2021年03月18日
毎年恒例でやっていますお別れサッカー。本来なら西小でやる予定でしたが使用できなかったので相手チームにお世話になるか形になりました。
こちらの事情を汲んで対応していただきました。感謝・感謝・感謝です。
9FAC86D6-1A7A-48A3-B39B-2FD94F3DCA6F
4A73D3E2-E546-4008-922A-ED8CA5A8D473
感謝・当たり前ではない。何度今年はこの言葉を使ったかわかりません。
今週もそうですがうちの事情を知っていてTMなどお声掛けしてくれるチームがあり6年生は少しですが活動ができました。唯一、一度も活動できていなかった1,2年生もやっとボールを蹴ることができました。
65674B39-5C14-437A-BB11-C61883FD828B

何度でも書きますがこれは絶対に当たり前ではないです。感謝の気持ちを絶対に忘れないでください。

そして、思いは町にも伝まり、27、28日ともグランドが使えることになりました。スポーツ課の方々含め動いてくれた方には感謝の気持ちでいっぱいです。
一度はダメになったところを開放するのは簡単なことではないと思います。僕がごねなければ動く必要もなく仕事が増えることもなかった。これについてはもう申し訳ない気持ちでありますがどうしても我慢できませんでした。

大治SSSに関わっている方には見えないところでいろいろな方々が動いてくれていることで活動ができていることを理解しておいてほしいです。

あとは天気だけです。

今週の予定

2021年03月12日
天気が心配です。

『土曜日』
■TM
対象・1、2年生

■TM
対象・6年生

『日曜日』
■お別れサッカー
対象・6年生

少しでも多く活動をさせてあげたいですが、、、天気次第です、、、

週末の事など

2021年03月04日
■招待試合

先週の3年生が参加させてもらった大会はここ数年で
声をかけていただき参加させてもらっています。招待試合は声をかけていただけるから参加できます。
だからこそいつも以上に会場のルールをしっかり守る。それは試合結果よりも大切です。そういう考えで大治SSSはやっています。この日も近〇コーチからまずはその部分の注意を受けました。
チームとしての位置づけはTM以上公式戦未満でしたので均等としました。公式戦以外は選抜はしませんし出場時間に大きな変化はつけません。やり方によってはもっと勝てたかもしれませんがチームの考えが何より優先します。選手は勝った方が楽しい。僕だって勝った方がうれしいです。当たり前です。でもできる子だけで戦って楽しいのは出場した選手だけです。公式戦はそもそも出場人数の制限があります。だからしょうがなく選抜します。3年生は一番の大所帯です。20人以上がいますが公式戦以外は基本均等でやっていきます。

基本技術に個々でだいぶ差があります。これはいつも言う通り本人の日々の努力だけです。そこが基本ベースとなりますが、見る→判断する→実行する。この部分が学年が上がれば上がるほど大切です。優秀選手に選んだ二人はその部分でこの日は良かったからです。
E05FA3D2-797D-4229-983F-371E21EFD9AE
B9F5C9BD-CE1E-4F61-93CC-275CF228B019

■新年度へ向けて①

年間スケジュールが出てきました。ホームページのカレンダーに主要な公式戦を記入しました。それ以外にも公式戦が入ってきます。一度ご確認ください。

■新年度へ向けて②

まだまだ不透明な部分があります。このまま4月を迎えて必ず大会ができるかわかりません。いつまたグランド使用ができなくなるかも。それでも今できることを全力でやります。
昨日のブログもですがここ最近の内容は見方によってはきれいごとのオンパレードです。自覚していますが本心だからしょうがないです。本気で本当に思っているから書いています。
こうしたい。これが子供たちにとってのうちのベストだ。そこを信じてぶれすにやっています。きれいごと。理想を信じて何が悪いのかと。仕事ではありません。誰に忖度してやることではない。嫌なら辞める。辞めてくれと言われればいつでも去る覚悟があります。何も守るものはありません。だから強い言葉でここで言い切ることができます。
このチームの子供たちが楽しく笑顔でサッカーができる環境を作る。その為に僕のできる事を全力でやっていきます。主役は子供たちです。

緊急事態宣言が解除され、今週月曜日に町より今後の活動について連絡がありました。

再開は3月29日

実質このまま本年度は終わりということです。
町の決定ですが今回は今までと違うことがありました。今まではすべて一律で使用不可でしたが今回は町営野球場と多目的グランドは使用可能。町の施設と学校施設との区別なら何故、中学校は部活をやれているのか。まったく納得いきません。
基準がわかりません。これで「はいそうですか」と言うほどできた大人ではありません。

スポーツ課の方に誰に話せばいいのかを聞いたところ教育長とのことだったのでダメ元で電話しましたが繋いでいただけこちらの思いを熱く、熱く、丁寧に話しました。
もしかしたら学校がNGを出しているかもと思い、教頭先生にも電話しました。学校からNGは出していないとのこと。一体誰がどんな基準で決めたのか。
更に大治町のホームページのお問い合わせから長文メールを送りました。
ここまでが僕ができることです。やれることはやりました。打つべき手は打ちました。
教育長、スポーツ課、学校。すべてに僕の思いを話しました。

野球には町営グランドがあります。バレーにはスポセン、公民館があります。でもサッカーには学校グランドしかありません。それも11人制は西小しか広さ的にやれません。サッカーができる町の施設はありません。

津島市には東公園。愛西市には親水公園。あま市には蜂須賀グランド。弥富市には文化広場。近隣の市には学校以外に活動できるところがあります。

もちろん学校や町には感謝しています。でも今回の決定は納得できない。
他の施設と同じように使わせてほしいとまで言いません。
最終週だけでもいい。6年生だけでもいい。こちらで対応することあればやります。このまま何もなく卒団なんて寂しすぎます。最後は自分たちのグランドで。何年もボールを蹴ったグランドで終わらせてあげたい。

熱意が通じたのかはわかいませんが最終週の使用許可についてスポーツ課の方が動いてくれています。少し時間をくださいと連絡がありました。
首の皮一枚繋がっている状態です。僕の勝手な一方的な思いで仕事を作ってしまい申し訳ない気持ちです。本当に感謝です。

関係する方に何とかグランドを使わせてほしいと話しました。手前味噌ですが次から次へ流暢に思いの言葉が出てきました。すべて僕の真実の言葉です。
皆さん真剣に話を聞いてくれました。チーム、6年生の事情はわかってくれたと思います。
そうやって話していると悔しさがどんどん大きくなり寂しい気持ちで心がいっぱいになり・・・

サッカーをするのがこんなに大変なことなんでしょうか。
未来ある子供たちの為に。町の賢明な判断を待ちます。